よくある質問
求人案内
フリーダイヤル0120-333-893 TEL0463-23-7321

平塚駅直結駅ビルラスカ7F

〒254-0034 神奈川県平塚市宝町1-1 平塚駅ビルラスカ新館7F
※ご来院前に必ずお電話でご確認をお願いいたします。

平塚駅直結 神奈川県平塚市の歯科

診療のご案内

fine doctorへ
求人案内
モバイルサイト

一般歯科

虫歯治療や歯周病治療など、一般的な歯科治療を行います。

お口全体の状態を見ながら、できるだけ削らず、痛くない治療を心がけ治療しております。
それぞれの患者さんに対してしっかりとお口の状況を説明し、ご相談・ご希望をお聞きしながら治療を進めていきます。

虫歯の治療

虫歯は風邪と同じように、細菌が原因で起こる病気と言えます。
歯磨きで落としきれなかった汚れがお口の中に残り、長い間不衛生な状態が続くと、虫歯菌は砂糖から作った酸により歯を溶かします。これを「脱灰」といいます。
しかし、同時に唾液の働きによって歯の修復が行われています。これを「再石灰化」と言い、この2つのバランスが崩れ、脱灰ばかりが進んでしまうと、虫歯は進行します。

虫歯になってしまったら、虫歯の部分を削り、しっかり埋めて塞がなければなりません。さらに、虫歯が歯髄(神経)まで達している場合には、虫歯菌のない清潔な状態になるように、歯の神経を取り除く治療(根管治療)を行わなければなりません。

虫歯が進行してしまうと?

CO

CO(経過観察の虫歯)
表面のエナメル質が浅く溶け、白く濁っていて、透明感がない状態です。

歯を削る必要はなく、ブラッシング指導と再石灰化を促し、自然治癒を目指します。フッ素を塗付することで、虫歯になりにくい歯質を作ります。

C1

C1(初期の虫歯)
虫歯が始まった状態で、表面のエナメル質が溶け始めています。エナメル質には神経がないため痛みはありません。

再石灰化の促進を優先し、虫歯の進行を抑えられれば削らずに済みます。

C2

C2(中期の虫歯)
虫歯が進行し象牙質まで達した状態。

エナメル質より柔らかい象牙質は進行が早く、虫歯が歯髄(神経)に近づくにつれ、歯がしみるようになります。
まだ神経まで達していないため、虫歯におかされた象牙質のみを除去します。数回の通院での治療が可能です。

C3

C3(後期の虫歯)
虫歯が歯髄まで進行し大きな穴が開いている状態。

炎症(歯髄炎)が起こると激しい痛みがあります。虫歯が歯髄まで進行してしまうと、歯髄は死んでしまいます。
死んだ歯髄の除去(根管治療)と汚れた象牙質の除去をしっかり行うことで、歯を助けることができます。

C4

C4(末期の虫歯)
歯の頭の部分が溶けて、歯根だけが残った状態。

すでに歯髄は死んでおり激しい痛みは感じません。最悪の場合、歯根の先に袋状に膿がたまり出し、歯を残すことも困難になります。

無痛治療

できるだけ痛くない治療のため、「Nd:YAGレーザー」「笑気吸入麻酔器」を導入しています。
治療でできるだけ痛い思いをしたくない、ユニットに座るだけで緊張して怖くなってしまう方など、できる限りご負担が少なくなるよう対応しております。

ご希望の方はスタッフまでお伝えください。(症例により対応できない場合もございます。)

歯周病治療

バイオフィルム

歯周病とは虫歯と同じように、細菌の感染が原因で起こります。
そして、症状の軽い歯肉炎を含めると、「日本人の約80%」が歯周病と言われています。生活習慣や体質、口腔環境の状態など様々な要因により引き起こされます。

口腔環境を長期間不衛生にしていると、歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)が増殖し、バイオフィルムというものを形成します。バイオフィルムは菌にとってはバリアのようなもので、バイオフィルムに守られた歯周病菌は歯磨きでは簡単に落ちないほど強力です。

このバイオフィルムの出す酵素により炎症が起こされ、歯肉が腫れて出血するようになります。これが、歯周病の始まりである歯肉炎です。このまま歯周病が進行すれば、歯肉は最終的に歯を支えられなくなってしまいます。

このような状態になる前に、出来るだけ早く歯医者へ行き、診査・診断してもらいましょう!

歯周病が進行してしまうと?

歯周病の進行

レーザー治療

比較的症状の軽い場合、炭酸ガスレーザーを直接歯周ポケットに照射することで、細菌を減らすとともに殺菌・消毒します。
また、膿がたまっているような症状でも、麻酔なしで膿を排出し痛みも軽減し、短時間で治療できます。
ブラッシング指導・歯石除去など、他の歯周病治療と併行して治療を行います。

小児歯科

小児歯科は、お子様の健康な歯とお口を目的としており、「治療」ではなく「予防」が中心となる歯科治療です。できるだけ定期検診に来ていただき、早期発見と早期予防を行うことが最も大切になってきます。

歯医者が苦手なお子様には、無理やりな治療はもちろんいたしませんし、できるだけ痛くない治療を心がけておりますのでご安心ください。少しずつ慣れてもらえるよう訓練しながえら治療していきます。

私たちと一緒に、お子様の歯を守っていきましょう!

歯磨き指導・仕上げ磨きの指導

歯科医院での定期健診もかかせませんが、ご家庭でのケアがしっかりできていないことには、予防を継続することは難しいでしょう。
ご家庭でのケアをしっかり行っていただくため、当院では、歯磨き・仕上げ磨きのご説明をお母様に聞いていただき、注意すべき生活習慣なども説明いたします。

フッ素塗布

フッ素には、「虫歯に強い歯にする」「再石灰化」「虫歯菌の活動の抑制」などの様々な予防効果があります。
しかし、フッ素塗布を1度しただけでは完璧な予防法とは言えません。定期的なフッ素塗布と、定期検診でしっかり予防していきましょう。

入れ歯治療

「現在の入れ歯に不満がある」「もっと噛める入れ歯にしたい」「インプラントには抵抗がある」などとお悩みの方にお勧めいたします。
カウンセリングから精密検査までをしっかり丁寧に行い、患者さんにとって最良の入れ歯製作を行っております。

「入れ歯には、総入れ歯・部分入れ歯を含め様々な種類があり、保険診療、自費診療によっても機能、費用共に大きく異なります。
当院の推薦する、機能的で審美的にも優れた入れ歯をご紹介いたします。

保険の入れ歯

保険の「総入れ歯」は、レジン(プラスチック樹脂)で製作しなければなりませんので、強度を保持するために、どうしても厚みがあり、ぴったり感や食べ物の温度の伝わりやすさ(熱伝導性)に劣ります。


【 保険の部分入れ歯 】

保険の部分入れ歯
保険の「部分入れ歯」は、クラスプ(金属のバネ)で固定しますので、見た目など審美性に劣ります。

保険の入れ歯は、機能性では劣りますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。
自費診療と比べ、コストパフォーマンスに優れた入れ歯と言えます。

自費の入れ歯

保険に対して、材料・構造・デザインの制限が全くないため、患者さんのご希望にできる限り沿った形で入れ歯を製作することができます。

レジンでは厚みが出てしまう床の部分を、金属で製作し、より薄くより頑丈で、食事の熱も感じることのできる「金属床義歯」や、残っている歯を支えとし、入れ歯側に小型磁石を組み込み、密着感・安定感を増した「磁性アタッチメント義歯」、バネを無くした「ノンクラスプ義歯」など、様々な入れ歯がございます。

是非、お気軽にご相談ください。


【 写真左:金属床 右:レジン床 】

金属床
保険診療のレジン床に対して、入れ歯の主要部分を金属で製作しており、厚さが0.5mm程しかありません。薄くコンパクトで違和感が少なく、耐久性のある入れ歯です。
使用する金属には、体にやさしいチタン合金や白金加金合金などを使用しておりますので、アレルギーが心配な方でも安心してご使用いただけます。また、増歯や調整も容易に行えるため、長期間使用することができます。

金属フレームにより、食事の熱い・冷たい感覚を感じることができ、発音も良く、会話を楽しむことができます。


【 スマイルデンチャー 】

スマイルデンチャー
テレビや雑誌でも話題になった金属を使わない弾性入れ歯(義歯)です。

スマイルデンチャーは、
「美しい仕上がり」
「食べ物が挟まりにくく快適」
「お口に優しく痛くない」
「とっても柔軟で丈夫」
「とっても薄くて軽い」
「金属性のバネがないので口元が気にならない」
「透明感があり入れ歯が目立たない」
「金属アレルギー体質の方も安心」

などの多くの特徴を持ち、通常の入れ歯と比べ、非常に優れた入れ歯と言えます。

 

今までの入れ歯(保険の入れ歯)とは、こんなに違います。

従来のような金属バネを使った部分入れ歯(保険)は、残っている歯にバネをかけて固定するため、このバネが目立ってしまいます。また、入れ歯が合わなくなってくると、このバネが歯(残存歯)に負担をかけてしまいます。

また歯肉に近い色の素材を使っているので、入れ歯が入っているように見えません。スマイルデンチャーは見た目だけでなく、お口の中のバネも無くなるので、フィット感や舌感が良く、違和感も少なくなります。しかも隙間が少ないため、入れ歯と歯肉の間に食べ物が入りにくくなります。

Q&A よくあるご質問

白い前歯の差し歯は保険が利かないのですか?
素材により保険適用になります。
より審美性に優れた材質、長期間長持ちさせたい場合などは、保険適用外のセラミック治療をお勧めいたします。
ホワイトニングっていくらぐらい?
だいたい前歯上下6本ずつで4万円程度です。保険適用外になります。
親知らずは抜かないといけないですか?
生え方や状態などにより、人それぞれです。
しかし、今後の生活への影響や、虫歯になる可能性もありますので、可能であれば抜歯したほうが良いでしょう。診察いたします。
虫歯を予防するには?
ブラッシング指導、フッ素塗布、シーラント塗布などがありますが、基本は食後にきちんと歯磨きをすることが大切です。
デンタルフロス、歯間ブラシ、音波ハブラシなどを併用することで、より一層の効果が期待できます。
どうして虫歯を早く治療できるのですか?
最新の治療法を随時導入しております。
お気軽にお尋ねください。
子どもの歯の生え変わりは?
永久歯は6歳くらいから生え出します。
お父さんお母さんもよく見ていただいて、変に生えてきているようでしたら、受診ください。
歯の定期検診や歯石除去はどのくらいで?
1年に1、2回が良いと思います。お誕生月に毎年されるなど、定期的な検診を心がけましょう!
Page top